旬のキーワードを検索!

[NHK Eテレ] こころの時代~宗教・人生~の番組情報

放送日:2018年1月13日(土)
「こころの時代~宗教・人生~」に関する情報
番組概要

  【「地方の時代」映像祭2017選奨】かつて日本一の炭鉱地帯として栄えた福岡・筑豊。坑内で働いていた女性たちを訪ね歩き、貴重な証言を集めた井手川泰子さんの思い。

井手川泰子さんの手元に残る100本に上るカセットテープ。そこには大正から昭和、炭鉱で働いた女性たちの声が記録されている。暗い地の底で腰巻き一つの姿で石炭を掘った女性たち。死と隣り合わせの肉体労働、炭鉱住宅での共助、女ならではの所帯の苦労と喜びが、泣いたり、笑ったり、ときには歌ったりしながら語られる。働くこと、生きること、女であることの真実をつく言葉に耳を傾ける。初回放送:平成28年11月13日

番組トピックスに投稿された画像

「こころの時代~宗教・人生~」の出演者情報
「こころの時代~宗教・人生~」の放送情報
  • 2018年7月22日(5時00分〜)の放送情報
      國田房子さんは、終戦直後からずっと韓国で暮らしている。複雑で困難な韓国と日本の現代史。その中を生きた國田さんの102年とはー。24歳の女性ディレクターが聞いた。 番組詳細を表示
    出演者: 國田房子
  • 2018年7月21日(13時00分〜)の放送情報
      金剛界マンダラは、空海が唐から持ち帰った最も重要なマンダラのひとつ。この身このままで悟りに至る“即身成仏”のための瞑想法を説く。その深遠な世界を読み解く。 番組詳細を表示
    出演者: 正木晃,渡邊あゆみ
  • 2018年7月15日(5時00分〜)の放送情報
      金剛界マンダラは、空海が唐から持ち帰った最も重要なマンダラのひとつ。この身このままで悟りに至る“即身成仏”のための瞑想法を説く。その深遠な世界を読み解く。 番組詳細を表示
    出演者: 正木晃,渡邊あゆみ
  • 2018年7月14日(13時00分〜)の放送情報
      1960年代から日本の現代詩の最先端を走り続けてきた吉増剛造さんに、東日本大震災後に発表した詩編、『怪物君』の世界や、詩人の人生の軌跡を語っていただく。 番組詳細を表示
    出演者: 吉増剛造
  • 2018年7月08日(5時00分〜)の放送情報
      1960年代から日本の現代詩の最先端を走り続けてきた吉増剛造さんに、東日本大震災後に発表した詩編、『怪物君』の世界や、詩人の人生の軌跡を語っていただく。 番組詳細を表示
    出演者: 吉増剛造
  • 2018年7月07日(13時00分〜)の放送情報
      ミャンマーの医師・作家のマ・ティーダさんは軍事独裁に抵抗する民主化運動に立ち上がり、約6年間の独房生活を送った。支えとした獄中での瞑想(めいそう)や人生を聞く。 番組詳細を表示
    出演者: マ・ティーダ,道傳愛子
  • 2018年7月01日(5時00分〜)の放送情報
      ミャンマーの医師・作家のマ・ティーダさんは軍事独裁に抵抗する民主化運動に立ち上がり、約6年間の独房生活を送った。支えとした獄中での瞑想(めいそう)や人生を聞く。 番組詳細を表示
    出演者: マ・ティーダ,道傳愛子
  • 2018年6月30日(13時00分〜)の放送情報
      “豊かな終わり”を人々に迎えて欲しいと語るのは鳥取市でホスピスを備えた診療所を開く医師の徳永進さん。“死は人生の一部をなす姿”と語る徳永さんが見つめる命とは? 番組詳細を表示
    出演者: 医師・野の花診療所院長,徳永進,住田功一
  • 2018年6月24日(5時00分〜)の放送情報
      “豊かな終わり”を人々に迎えて欲しいと語るのは鳥取市でホスピスを備えた診療所を開く医師の徳永進さん。“死は人生の一部をなす姿”と語る徳永さんが見つめる命とは? 番組詳細を表示
    出演者: 医師・野の花診療所院長,徳永進,住田功一
  • 2018年6月23日(13時00分〜)の放送情報
      胎蔵マンダラは、空海が唐から持ち帰った最も重要なマンダラのひとつ。密教の本尊・大日如来の広大無辺の慈悲を描く。あらゆる存在を等しく尊いとみるその世界観に迫る。 番組詳細を表示
    出演者: 正木晃,渡邊あゆみ

「こころの時代~宗教・人生~」の番組トピックス

トピックスはありません。
「こころの時代~宗教・人生~」のトピックスを作成して、みんなで情報交換しよう!
この番組のトピックスを作成
※無料のユーザ登録が必要です
トピックスには、この番組の情報が満載!
・番組の感想や実況コメント
・あなただけが知っているエピソード
・行ったことがある!食べたことがある!など

Page Top

Page Top