旬のキーワードを検索!

(前編)「命をかけた満州からの脱出」

特集ドラマ どこにもない国(前編)の番組トピックスです

2018年03月24日 作成者:Lecter_H
昭和20年、満州で丸山邦雄(内野聖陽)は終戦を迎えた。150万以上の日本人はソ連占領下の満州で略奪や暴行にさらされ、飢えと寒さの中、多数が命を落としていく。丸山は新甫八朗(原田泰造)、武蔵正道(満島真之介)とともに祖国日本に訴えるため満州脱出を決意する。丸山の妻万里子(木村佳乃)は後押しするが、新甫の妻マツ(蓮佛美沙子)は危険な行動に不安を隠せない。脱出に踏み出す3人を次々と絶体絶命の危機が襲う。

満州にいた中国人って、日本人に反感は持ってなかったと思うけど。

(匿名ユーザー)2018年3月25日(日) 18:27:03
0
0

中国のアメリカ軍の駐屯基地に行って、捕らえられて処刑?

(匿名ユーザー)2018年3月25日(日) 19:12:03
0
0

あり得ないと思うけど。

(匿名ユーザー)2018年3月25日(日) 19:12:03
0
0

このドラマ、大筋は合ってるとして、ところどころ大袈裟に事実と違ってるように思う。

(匿名ユーザー)2018年3月25日(日) 19:15:03
0
0

反日的な意図を感じる。

(匿名ユーザー)2018年3月25日(日) 20:39:03
0
0

トピックスへコメントを投稿しよう!(写真は2MBまで)


Page Top

Page Top