旬のキーワードを検索!

ある家族の物語〜余命わずかなことを隠し、父のもとへ里帰りした娘〜

人生最高の贈りものの番組トピックスです

2021年01月04日 作成者:blue_rose
東京・豊島区の鬼子母神堂の裏手に佇む小さな洋館に、元大学講師の翻訳家・笹井亮介(寺尾聰)は暮らしている。妻に先立たれ一人暮らしとなった今は、家事も料理も完璧にこなすが、仕事は自由奔放。
〆切を守らない亮介に、担当編集者・野村(勝地涼)はいつも隣で頭を抱えていた。さらに近所に住む原口光代(キムラ緑子)は、亡き妻から「主人をよろしく」と頼まれたのを口実に、毎日勝手に家に上がり込んでいる。

主人公が実家のお父さんを告げて・・・終 って言うちょっと未消化的な感じがした。

(匿名ユーザー)2021年1月6日(水) 20:02:01
0
0

がんで余命宣言されている主人公が、普通に暮らしている・・・薬を飲むシーンがあっただけ。

(匿名ユーザー)2021年1月7日(木) 02:07:01
0
0

トピックスへコメントを投稿しよう!(写真は2MBまで)


Page Top

Page Top