旬のキーワードを検索!

オルセー美術館 華麗なる変遷

地球ドラマチックの番組トピックスです

2021年01月09日 作成者:sanma_meguro
世界でも屈指のコレクションを誇る、パリのオルセー美術館
印象派の美術品の収蔵で有名だが、実は20世紀初頭には、エレベーターなど当時最先端の設備を備えた鉄道の駅舎として使われていた。第二次世界大戦後は帰還兵の受け入れ施設のほか、劇場や駐車場としても使われるなど、どのように現在の「美の殿堂」として生まれ変わったのか!?オルセー美術館の知られざる歴史を紹介!

1900年のパリ万国博のために作られた駅舎だった。

(匿名ユーザー)2021年1月10日(日) 02:33:01
0
0

美術館に変わったのは1980年代だった。

(匿名ユーザー)2021年1月10日(日) 02:33:01
0
0

1900年はベルエポックの時代だって。

(匿名ユーザー)2021年1月10日(日) 02:36:01
0
0

ベル・エポック=厳密な定義ではないが、主に19世紀末から第一次世界大戦勃発(1914年)までのパリが繁栄した華やかな時代、及びその文化を回顧して用いられる言葉である。

(匿名ユーザー)2021年1月10日(日) 02:36:01
0
0

オルセー宮 ナポレインが外務省の庁舎として建造した。

(匿名ユーザー)2021年1月10日(日) 02:42:01
0
0

1871年 パリ・コミューン末期に放火で消失

(匿名ユーザー)2021年1月10日(日) 02:43:01
0
0

トピックスへコメントを投稿しよう!(写真は2MBまで)


Page Top

Page Top