旬のキーワードを検索!

メルケルが残したもの

ドキュランドへようこその番組トピックスです

2022年01月14日 作成者:wakame_I
4期16年ドイツの首相を務めたアンゲラ・メルケル
その歩みは、ガラスの天井を突き破り続ける一人の女性の挑戦でもあった。35歳で政界入りして以来、痛烈な批判と差別にさられ、東ドイツ出身ということも相まって、容姿や髪型・服装などで嘲笑を浴びることもしばしばだった。メルケルを長年取材してきたジャーナリストがメルケルの強さとレガシーに迫る。

メルケル 子供の頃から勉強が群を抜いていたのか!

(匿名ユーザー)2022年1月18日(火) 15:50:01
0
0

中でも、考える力が優れていた。

(匿名ユーザー)2022年1月18日(火) 15:50:01
0
0

大学に通うようになって、東ドイツの現実を知った。

(匿名ユーザー)2022年1月18日(火) 15:51:01
0
0

大学では、化学と物理を学ぶ。国のプロパガンダを押し付けることができない科目だったから。

(匿名ユーザー)2022年1月18日(火) 15:55:01
0
0

東西ドイツ統一時、東側の首相の副報道官だった。

(匿名ユーザー)2022年1月18日(火) 16:02:01
0
0

トピックスへコメントを投稿しよう!(写真は2MBまで)


Page Top

Page Top