旬のキーワードを検索!

住宅地に潜む“盛土リスク” 阪神・淡路大震災 残された課題

NHKスペシャルの番組トピックスです

2023年01月14日 作成者:choco_sukio
阪神・淡路大震災から28年、見過ごされてきた教訓がある。住宅の土台となる盛り土が崩れて深刻な被害をもたらす“宅地崩壊”。兵庫県西宮市・仁川では広範囲にわたって盛り土が地すべりを起こし34
人が犠牲になった。しかしその後も対策は進まず大地震のたびに被害が繰り返されている。さらに今回、自治体が公表していない“隠れ盛り土”が数多く存在することも明らかに。住まいの足元をどう守るか、盛り土リスクの実態に迫る。

人間がつくった盛土は、自然の地層に比べると弱い。

(匿名ユーザー)2023年1月15日(日) 16:37:01
0
0

盛土の中に排水ができるようにしないとダメなんだ。

(匿名ユーザー)2023年1月15日(日) 16:38:01
0
0

高度経済成長期、郊外の丘陵地に盛土をして住宅地を増やしていった。当時は、崩壊を防ぐための排水の概念がさほどなかった。

(匿名ユーザー)2023年1月15日(日) 16:40:01
0
0

盛土で作られたの擁壁から出てくる水を調べるんだ。

(匿名ユーザー)2023年1月15日(日) 16:43:01
0
0

トピックスへコメントを投稿しよう!(写真は2MBまで)


Page Top

Page Top